2006年06月01日

蜂に白球、親子ドーン

【東京出発から64日目、晴れ、滋賀県道の駅、湖北みずどりステーションにて】

らんらん♪らんらららんらんらん♪

おい、オームの子供だ!

やめて!この子たちは何も悪くないの!

…人間とはこの世で一番勘違いをしている悲しい生き物です、自分たちが地球で一番えらいのだとふんぞり返っちゃってるのです

本日向かったのは近江八幡にある八幡山、琵琶湖が一望できるしロープウェイが楽しそうということで矢野さんとゴー

頂上についてとりあえず見晴らし台にいこうっちゅうことで意味もなく杖を借りていざ出発!



しばらく歩いて大変な事に気づいてしまいました

ここの山、蜂だらけじゃねぇか!!

もちろんボクらが蜂と仲良く出来るわけがありません、半分泣きそうになりながら見晴らし台をなくなくスルー、とりあえず頂上にある神社に逃げ込みました

ここの神社のおばさんに矢野さんが

「ここは蜂が多いですねぇ…」と軽いジャブを喰らわせていきます

するとおばさん

「あ〜そうですねぇ、家のなかにもよく入ってくるんですよ〜フフッ」と余裕の肉のカーテン

そっか、ボクらはこんなに蜂がたくさんいるなんてことないけど、ここの人達からしたら当たり前なんだ

おばさんの言葉に関心しつつ、せっかくなのでこれからの旅の行く末を占おうとおみくじをひいてみることに

冗談で凶がでたらウケるねって話をしてたら…

image/ippojapan-2006-06-01T20:07:28-1.jpg

でてしまいました、こんなミラクル全く嬉しくねぇ!!涙

まぁその後やっぱり琵琶湖がみたいので元来た道を戻ってみたものの…やっぱり蜂が怖くておみやげやさんに逃げ込む

またも蜂が多いですねって話をみやげやのおばちゃんにしたら

「自然体にしてれば蜂も何もしてこないわよ〜、怖がるからいけないのよ」と強烈なストレート!

実際気にせずに自然体でいってみたらほんとに蜂はなにもしてこない


image/ippojapan-2006-06-01T20:07:29-2.jpg

すごいな、ここの人たちは駆除するんじゃなくて、共存してる

今日一日で少しだけだけど虫が怖くなくなりました

山を下っておなかが空いたので大衆食堂で親子丼をぺろり、うん、うまい!

image/ippojapan-2006-06-01T20:07:29-3.jpg

そろそろ矢野さんともお別れということになり二人で道を歩く

すると高校球児がチャリで駆け抜けていく、そしてコンチワッス!と挨拶されちゃいました

どんどんすれ違う球児たち、観察していると気づいたことが

右側通行の少年たちは挨拶はする

しかし左側通行の少年たちは挨拶はしない

す…すげぇシステムだ!!

さらに彼らが話している会話が聞こえてきたのですが

「横断歩道渡らなかったらグラウンド3周だってよ」と鬼厳しい会話

観光の町だから観光客に対してちゃんとしなさいって言われてるんでしょうね、それにしても高校球児ってきっと大学生より忙しくて大変なんだろうな 笑

いや〜ほんと濃密な一日でした、滋賀は人も町も面白い!!

矢野さんと握手をしてさよならしてからまたいつもの自分の生活がはじまる

さぁ、明日は福井に入るぜよ!!


test.jpg

posted by at 20:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 【本州編】滋賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

滋賀について

【東京出発から65日目、曇り、福井県敦賀市金ヶ崎緑地にて】

さぁさぁ滋賀ともお別れで福井にやってきました、明日彼女が遊びに来てくれるので今日はこの敦賀で就寝です

それでは滋賀のいいところを

はっきり言いましょう、それは近江八幡の町!!ここにボクの中での滋賀が詰まっています

観光開発がそこまでされておらず、昔の町並みがちゃんと残ってるし、町の人たちも出逢った老夫婦や榎本さん、八幡山のロープウェイのおじさん、みんな人情があります、一言で言うなら暖かい町、とでも言いましょうか

町を見て人と話せば、琵琶湖は天気によって全然見晴らしが違くて、快晴の時は薄霧がかかって一望出来ないけど、雨上がりの日は最高だとか、船で水郷巡りなんてのもあったし、ここの町並みもそぅ、面白そうなものは沢山あります

すべてがすべてこうではないことはわかっています、
しかし!この場を借りて一言言わせてもらいます

観光協会が町を盛り上げなくてどーすんだ!!!!

ただ一言琵琶湖、じゃなくて、この町のどこどこからいつ見たら素晴らしいとか、実はこの滋賀県にはあんなものやこんなものがあるんですよ〜とか、自分の足で動いてそんな新しいモノを発見して、来た人たちに滋賀県って面白いね!って言われたらどんなに素敵な事でしょう!

今まで他県でも観光協会のお世話になったことがなくて、
町の人達からの話しにもでてこないことが不思議だったんです

いつか若者が観光協会に就職してぇ!って言われるような時代がくれば…そんな事を考えてしまいます

随分話がそれてしまいましたが、ボクが感じた滋賀は今の通りです

あぁ、また来たいね!と本気で思える、そんな町でした

test.jpg

2006年06月03日

アップルパイとハッピッピー

【東京出発から66日目、曇りときどき腫れ、福井県敦賀市某所にて】

朝八時過ぎ、敦賀駅付近のベンチに彼女はいました

久々の再会、いや〜もぅアレですよ、めちゃめちゃ嬉しかったです

本日の予定は彼女の友達で福井在住の千尋ちゃんと敦賀を探索する約束です

千尋ちゃんと合流し、連れてってもらったのは水晶浜という浜辺、写真はとり忘れてしまいましたが、とてもキレイなところでした!

千尋ちゃんが作ってきてくれたおにぎりを三人で海を肴にむしゃむしゃ食べる

すごくおいしかったんですが、近くにチャラ男三人集がいて、どう考えても寒いのに海パン一丁で俺を見ろ!と言わんばかりに貧相なぼでぃを見せつけねり歩き、あげくの果てには昼間に花火をしていました

いやはや意味がわかりません、空気を読んでゴミを持ち帰りなさい

その後向かった先は、彼女が千尋ちゃん以外にもぅ一人福井にちはるちゃんという友人がいまして、どうやらちはるちゃん一家は家族で喫茶店をやっているらしく、せっかくだからって事でお茶しに行きました

どんぐり倶楽部、それがこの喫茶店の名前です、家族と仲間達で1から手作りで作り上げた山間に佇む素敵なログハウス!!

image/ippojapan-2006-06-03T23:59:46-2.jpg

中は家族の人や近所の人、遊びに来た子供達が作った木製の遊び心溢れる置物や手作りジャム、その他色々なもので賑わっています

image/ippojapan-2006-06-03T23:59:46-1.jpg

ちはるちゃんに近くを案内してもらったんですが、さすが自然と育った娘さん、木、植物の名前や特徴をすらすらと教えてくれます

キャンプ場や五右衛門風呂!森案内にさらにはmoon(ゲーム)に出てきそうな青空教室まで様々な事をやってるんです!!

う〜ん、いいねぇ!!

そしてちはるちゃんが話していてとっても心に残った話が

このお店付近には確かに沢山の木が生えているんですが、その中にここいらじゃ川向こうにしか生えてなかった木が芽を出したそうな

どうやら川向こうの木の種を食べた鳥がフンをして、そこからまた芽が生えたらしいのです

すげぇよ、生命の循環だ!!

image/ippojapan-2006-06-03T23:59:46-3.jpg

自然の面白さをたっぷり教わって敦賀に帰宅、あっ、今日は彼女が民宿をとってくれたんです!

うぅ…いつも苦労かけるねぇ… 涙

しばし三人でダラダラしているといきなり彼女がおもむろに荷物を漁りだし、何かを手にとって外に出ていきました

なんだろう?

すると香ばしいにおいと共に、運ばれてきたのはアップルパイ!!

image/ippojapan-2006-06-03T23:59:46-4.jpg

遅れた誕生日で作ってきてくれたらしいのです!!

うぅ…苦労ばっかかけるねぇ…

わしゃ三国一の幸せもんじゃぃ!!

アップルパイにむしゃぶりつき、腹も心も満腹です

千尋ちゃんとも別れて久々の二人の時間、少ししか逢ってないはずなのに、軽く出逢った時のような胸のトキメキデシタ 笑

明日は福井市街に向かい、しばし千尋ちゃんの家にやっかいになる予定です

みんなみんな、いい人たちばかりで涙ちょちょ切れ放題な一日でした

test.jpg

posted by at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 【本州編】福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

さよなら999

【東京出発から67日目、曇り、福井県福井市某所にて】

今日は福井市にいる千尋ちゃん宅に向かう為、彼女は電車に乗り込んで、ボクはチャリにまたがっていざ福井市街へ

別れ際にもらったゴダイゴのCDをかけながら敦賀を後にする

っとその前に!!

実は敦賀駅商店街にはなぜかはわからないんですが、銀河鉄道999と宇宙戦艦ヤマトのモニュメントがストーリーにそってたってるんです!

image/ippojapan-2006-06-04T23:07:27-1.jpg

いいタイミングにCDもらったなぁ

あぁ…メ、メーテルー!!

ちょうどゴダイゴの銀河鉄道999がかかり、映画で最後の場面をかたどったモニュメントを見ていたら鉄郎の涙を思い出し、一人商店街でマジ泣き状態

それにしてもガンダーラを聞きながら移動してると、なんともいえない気分になりますね 笑

そんなこんなで千尋ちゃん宅に到着!

そしてご飯は久々の

焼き肉!!

image/ippojapan-2006-06-04T23:07:28-2.jpg

せっかく来てくれたんだからと家族の方々が張り切ってくれたみたい、うぅ、ありがとうございます!!

食卓を囲んでみんなでサザエさんを見る、いや〜、平和そのものです

その後おじさんとお酒をごくり、

image/ippojapan-2006-06-04T23:07:28-3.jpg

どうやら晩酌相手がいるのが嬉しかったらしく、明日は残業しないで帰ってくるらしいです 笑

千尋ちゃんに温泉もおごってもらい、まさに至れり尽くせり…もぅありがとうございますしか言葉が出ません

明日は千尋ちゃんが福井を案内してくれます、案内人がいるのはホントに心強い!!

それで今日はこれからみんなで魔女の宅急便の上映会が始まる予定です 笑

家族って…いいなぁ

test.jpg
posted by at 23:07| Comment(5) | TrackBack(1) | 【本州編】福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

坊さん、供養してやってくれ

【東京出発から68日目、快晴、福井県福井市千尋ちゃん宅にて】

近頃天気予報じゃ晴れなのに、曇りや雨が続いていたんですが、いや〜久々の快晴です!!

まず向かったのは永平寺、ここは今でも昔ながらのツルツル修行僧が250人以上修行しているという珍しいお寺さん

image/ippojapan-2006-06-05T21:32:32-1.jpg

とりあえず中に入りこのお寺の説明を聞く

が、お坊さんがあまりにも鼻声だった為にあまり聞き取れず 笑

いや〜でもなかなか面白かったですよ

お寺自体かなり広く、それに風呂場や寝室、調理場といった生活臭が漂うお寺ははじめて!!

image/ippojapan-2006-06-05T21:32:32-2.jpg

修行をしているお坊さんもちらほら見かける事が出来ます

しかしなにより自分的にグッときたここの名物は、法要中に登場した超巨大木魚!!

今まで聞いたことがある木魚がアルトなら、ここの木魚はまさにバリトン!

無骨に鳴り響くその重低音グッと来てしまいました

その後向かったのは千尋ちゃんお勧めのhalfという喫茶店

なぜお勧めかと言うと、ここはジャズが流れる喫茶店、しかしカレーがめちゃめちゃうまい!という不思議なお店

確かに中はマンガが沢山置いてあって、マスターがジャズを流している一見普通の喫茶店

しかし注文して出てきたカレー、そんじゃそこらのカレー屋さんとは比べモノにならないスパイシーで病みつきになっちまいそうな味のカレーでした!!

しばしみんなでダラダラしてやってきました東尋坊

はい、最近のぶさんやaiharaさんが言っていた自殺の名所です 汗

ついてみると一面に岩場と海が広がっていました!

image/ippojapan-2006-06-05T21:32:33-3.jpg

そして岩場には柵はゼロ…怖っ!!


image/ippojapan-2006-06-05T21:32:33-4.jpg

みなさん、景色だけを楽しみましょうね 汗

image/ippojapan-2006-06-05T21:32:33-5.jpg

さぁさぁその後三国という今かなり町おこしに力を入れている、と言うところに行きました

ここでは評判の三国バーガーというハンバーガーをみんなで食べました

いやこの三国バーガー、この町でとれた食材で作ってるらしいんですが、これ食ったらファーストフードじゃ食えなくなりますよ、うますぎて!!

おなかも満腹、幸せ状態でトドメに千尋ちゃんがまたも温泉おごってくれました!

もぅ千尋ちゃん、あなたの優しさハートはどれだけ暖かいんでしょう?!涙

帰路について軽く食卓でお食事&晩酌

今日は早めに寝て明日は最後の団らんです

長居も出来ないし、明後日には出発の予定です!

今の内に充電するぞ〜

…怠けてばっかですいません 笑


test.jpg
posted by at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 【本州編】福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

油揚げ、昼寝したあとイチゴ狩り

【東京出発から69日目、晴れ、福井県福井市千尋ちゃん宅にて】


今日は千尋ちゃんお勧めの福井じゃなかなか知れた油揚げ屋さん、


竹田にあげを食べに行こうという事になり出発


さぁさぁ出てきましたよ、油揚げじゃ〜

image/ippojapan-2006-06-06T22:18:05-1.jpg

でかい!!


こんな食いごたえのある油揚げはハジメテ、もぅむちゃむちゃ食べました!


せっかくなのでっちゅうことで千尋ちゃんに写真をとってもらいました

image/ippojapan-2006-06-06T22:18:06-2.jpg

一緒に写ってるのが彼女でがす


お腹を膨らましてから向かったのはグリーンセンター、


ここは名前の通りで広々と緑が広がっています



ここでは久方ぶりの昼寝をしましたぁ!



朝は寝床でぐ〜ぐ〜ぐ〜が本来ボクのライフスタイル、寝るのは最高ですわぁ


近くじゃ千尋ちゃんが写真をとって、彼女が絵を描いて…


平和で自由な時間がゆった〜り流れてました


そしておうちに帰る前に千尋ちゃんのおじいちゃんの畑に遊びに行きました!


おじいちゃんはもぅ10年くらい畑をやってるみたい、


タマネギ、ゴーヤ、トマト、エンドウ、イチゴ…


様々な野菜たちがヒョコヒョコ顔を出してたり出してなかったり


おじいちゃんに言われて三人でイチゴ狩りもしました、

image/ippojapan-2006-06-06T22:18:06-3.jpg

イチゴ狩りなんて子供の時以来!

image/ippojapan-2006-06-06T22:18:06-4.jpg

イチゴにパクついてみたら、うまくてビックリ!!


おじいちゃん、いい仕事してますね〜



みんなで家に帰って、おじさんとお酒をのんで、今日もゆったりした一日でした

image/ippojapan-2006-06-06T22:18:06-5.jpg

明日はいよいよ千尋ファミリーとお別れして石川県に入ります


寂しいけれど、じゅうぶん休んだし、明日からまたがんばりますわぃ!!


test.jpg

posted by at 22:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 【本州編】福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

古代、現代、うずまき福井

【東京出発から70日目、晴れ、石川県道の駅しらやまさんにて】

福井とも今日でお別れ、千尋ちゃん以外の家族の人はみんなでかけていたので、お礼の手紙を書いて出発と言う形になりました

千尋ちゃんファミリーのみなさん、本当にありがとうございました!!

それでは福井のいいところを書きましょか!

一つ目はどんぐり倶楽部!都会の人や子供たちに自然と触れ合うことの面白さを伝えようとしてどんどん色んな事にチャレンジしている姿に感動しました!

いつかお茶を飲みながら青空教室に参加したいです

二つ目は東尋坊!ここの景色はすごいです、ただ柵がないので見に行くときはご注意を…

三つ目は喫茶店half!いやここのカレーはマジで病みつき、マンガ読みながらコーヒーのんで、カレーを食ってヒーヒーダラダラしましょう

そしてボクの思う福井、この町は昔ながらのよさがいっぱいあるぜぃ!と言うよりも、昔の良さを取り入れつつ現代的な町づくりをしているように感じたんですよね

そして町の中心街よりも外側の方が意外と町を盛り上げてて面白かったりするんです

人もバリバリ人情と言うより今の時代の暖かさ、とでも言うのでしょうか

とにもかくにも面白い町でした!

これから行く東北の方は全く情報がなくて…もしよろしければ、ここなんてどぅ?ってのがあったら教えてください!!

それではまた明日から、小林大記再起動です!


test.jpg

2006年06月08日

からくり・くりから・からころりん

【東京出発から71日目、曇りのち雨、石川県道の駅倶利伽羅源平の郷にて】

たった2〜3日の間なのに、人と離れるとふと一人になった事を実感します

ちょっと寂しさを引きずりながら金沢までキコキコ来ました

少しうろついてみたものの、あまりの都会ぶりにビックリ!だって109とかあるんですよ?!雰囲気的には祇園と池袋が合体したような感じです、あぁちょいと苦手な空気…

image/ippojapan-2006-06-08T19:43:54-1.jpg

さてさて公園のベンチでぼーっとしてたら彼女から電話が

今日一日暇らしく福井でブラブラしてたようです

それなら金沢くるかぃ?と冗談半分本気半分で言ったら

ホントに来てくれました!!

めちゃくちゃ嬉しいのだが彼女は徒歩、どうしようかと思ったら駅でレンタサイクルが出来るみたいなのでレンタルしました〜

チリンチリ〜ン

彼女を待っている間にボクは家に電話して金沢の情報を聞き出していたので、向かう先は決めてありました

その名は妙立寺、別名忍者寺!!う〜ん気になるネーミングだ!!

ここは予約制なんですが、当日に電話しても週末じゃなければ普通に入れると思います、拝観料は800円とちょいと値が張るんですが、いやいやここはそれだけの価値がありました!!

image/ippojapan-2006-06-08T19:43:55-2.jpg

昔のとある時代、加賀藩主利常が徳川家に対し、謀反なんかしませんよ〜んとバカ殿姿を演じつつ、たくさんの武士たちが起居出来て監視所としての機能も果たせる寺を造りました

それがこの忍者寺!

中は忍者寺と呼ばれるのも頷けるように、落とし穴や隠し部屋に隠し階段と、迷路のような構造になっています

いやはや昔の人ってのは何て面白くて頭がいいんだとつくづく思い知らされました

みんなも家をカラクリだらけにしてしまえば泥棒に怯える必要もなくなりますね!

是非一度足を運んでみてください

image/ippojapan-2006-06-08T19:43:56-3.jpg

その後茶屋通りを少し見て、食堂で一緒にご飯を食べました

しかもまたおごってもらっちまって…うぅ、おいらァ東京帰ったら頑張るでよ!!涙

ボクにとっては大事な他愛もない話をしながら、彼女の電車の時間が来てしまったので駅までお見送り

本当にここまで来てくれてありがとう

あっ、のろけてばっかですいませんでした 笑

明日は能登半島に向かうか向かわないか悩み中…でかいんだよなぁ、能登半島 汗


test.jpg



posted by at 19:43| Comment(5) | TrackBack(0) | 【本州編】石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

能登半島でカスタマイズ

【東京出発から72日目、雨、石川県能登半島、道の駅とぎ海街道】

image/ippojapan-2006-06-09T17:48:10-1.jpg

正直な話、来るつもりはありませんでした


なぜなら紀伊を通った時、あまりにもつらくて半ば半島恐怖症に陥っていたからです



しかし



きてしまいました、能登半島!



行って後悔するかもよ?


行かずに後悔するかもね…


みなさんだったらどっちを取りますか?



ボクは気づけば足がこっちに向いてしまっていました


きっと何かありそうな予感がビシビシするんです


しかしながらここのところチャリの様子が悪いんですよ


ガチガチギアが噛んだりブレーキがあまりきかなかったり、


こんな状態じゃ何かあっても困るので久々にチャリ屋さんに行きました


でかい出費は早め早めで、ブレーキシューの交換と点検、


それとなぜか今までついてなかった泥除けを装着!

image/ippojapan-2006-06-09T17:48:10-2.jpg

これから梅雨入りだからね


チャリの調子もよくなったのでとりあえず今いる道の駅にて今日は休息


明日は色々見て回るぞ〜


posted by at 17:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 【本州編】石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

ギネスに岸壁、田んぼにキュッ

【東京出発から73日目、晴れ、石川県能登半島、道の駅千枚田ポケットパークにて】

朝起きてぼーっとしてた時のコト

ふと顔をあげると一人のおじさんがひょこひょこ近づいてきました

image/ippojapan-2006-06-10T19:59:35-1.jpg

話をしてみるとこのおじさん、今60歳なんですがもぅしばらくしたら


チャリで日本一周にいくらしいです!


こんなおじ〜ちゃんですらいける旅、体力、気力共に意外とみなぎっている若者がいけないわけがありません


こんな風に、おらぁいってくるだよ〜みたいなノリで


たくさんの若者が旅に出たら楽しいだろうな〜とちょっと妄想


話を終えて少しばかり歩く、実は昨日泊まった道の駅の裏側には、


なんとビックリギネスに登録されたあるモノがあるらしいんですね〜



それは…世界一長いベンチ!!

image/ippojapan-2006-06-10T19:59:36-2.jpg

全長460・9メートル、さらには一斉に1346人の人が座ったというとんでもねぇ記録をもつ驚異のベンチ


とりあえず座ってみたけど、ボク以外人はいなかったのでただ寂しくなっただけでした


しばらくチャリをこいでると、ヤセの岸壁なるモノが姿を現しました

image/ippojapan-2006-06-10T19:59:36-3.jpg

ちょうど観光できてた老夫婦と、そこを案内してたタクシーの運ちゃんにバッチリ同行


どうやらここは東尋坊と同じく、自殺の名所らしいです…


近くには死ぬ勇気があるなら生きろ!とか色々のっぴきならない看板がちらほら


しかも一緒にいたおばさん、かなりのサスペンス好きらしくいたく感動しながら


自殺するならやっぱりここよね〜


と、シャレにならない事を口走ってました


運ちゃんたちとも別れ、輪島につきました


ここの町は漆が有名なんですが、


残念ながらボクはそこまで漆に興味はないので町をちょっと回って抜けました


でも町並みは好きだったな


そしてついたのは今日の寝床、千枚田!

image/ippojapan-2006-06-10T19:59:37-4.jpg

いや〜すごいですよ!


ここは言葉の通り千以上の大小様々な田んぼが段々と続いていて、


しかもこの形を失わない為に農家の方々が手作業で守り続けてるんですよ


自分がおじさんになった時にも、失われずにこの姿が残っていればいいな


そんな事を感じました


やっぱり能登半島は面白かったぜ、畜生!笑


test.jpg
posted by at 19:59| Comment(4) | TrackBack(1) | 【本州編】石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

おじさん

【東京出発から74日目、晴れ、石川県能登空港にて】

image/ippojapan-2006-06-11T19:31:17-1.jpg

今日は特になにもなかったので、昨日の夜に出逢った人との話でもしましょうか


夕方過ぎ、一人のおじさんが声をかけてきました


どうやらこのおじさん、広島から車で旅をしてる途中みたい


酒のんでないじゃろ?一緒にのむけぇ〜


と言うことで晩酌


酒も進んで気分も程良くなってきた時、おじさんはこんなことを話し始めました


ひとつは旅にでる事が楽しいんだってこと


おじさんが若かった時、時代は働いてなんぼな社会で、


旅に出ようにも踏ん切りがつかなかったんだらしいです


それで定年してから車でいろんな所を回るようになり、


日本って面白いなぁとつくづく感じたって言ってました


息子さんが東京にいるらしく、たまに車で遊びに行ったりもするらしいんですが、


そこの同僚の人たちからは


車でくるなんてきいたことねぇよぉ〜と笑われてしまったみたい


しかしおじさん、ここで若いものに一言いいたいと胸を張る


今の時代は働いてなんぼの時代とは違う、若いうちから車とって

ローンでヒーヒーいうくらいなら、みんな旅に出れば面白いのにのぅ



と言ってました


素敵よおじさん!!


二つ目は言葉について


東京に行った時、どうやら方言をバカにされたらしく、

おじさん、その相手と大喧嘩したらしいんです


ここでボクから一言


バカはどっちだ!!


方言はその人が生まれ育った町の文化であり、誇れるところだと

旅に出てから強く思うようになりました


東京で方言が行き交ってたら、誰はどこの人、とかもわかるし、

【日本語】の勉強だって出来てしまう、面白いじゃないか!!


そんな事を話して、一緒に夕日をみて、いつかまた逢いましょうとガッチリ握手


お酒のおかげでグッスリ寝る事も出来ました


おじさん、ありがとう


また色々考えさせられた、昨夜の出来事でした


test.jpg
posted by at 19:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 【本州編】石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

交わり拳銃達の挽歌

【東京出発から75日目、晴れ、石川県道の駅、いおりにて】

昨日の夜、少し肌寒くて目が覚めるとおかしなことに寝袋が少し濡れている…


そう、突然の雨にやられてしまいました


しかしボクは眠かったのでそのまま気にせず爆睡、

朝起きると天気はうってかわっての晴れ模様で寝袋もそれなりに乾いてました、

いやよかったよかった


今日はどこにいこうかなと考えていると、目の前に橋が現れ、

能登島なるところにいけるとのこと

image/ippojapan-2006-06-12T19:18:58-1.jpg

おぉっ、ちょいと行ってみようかしら!


ということでぐいっと弧を描く橋を渡り、能登島に到着


しかしついたはいいが、地図を見てもそこまで気になるモノもなく、


ただぶらぶらしていると公園を発見!


朝方買ったパンをもしゃもしゃ食べ、久しぶりにギターを弾く


時間を忘れていたもんで、気づけば夕方前!


急いで寝床探しに進路変更!!


あぁ、せっかく橋を渡って来たのに、ボクぁ何をしているんだ!汗


日本海を横目にジャキジャキ漕いで道の駅いおりに到着、


疲れてボーッとしてると体格のいいおじさんが話しかけてきた


最近よく話しかけられるなぁ…


見た目は出発前より明らかにひどくなってるのに不思議だわ


おじさん曰く、雨上がりの晴れた日には、今いる道の駅から新潟が見えるみたい!

image/ippojapan-2006-06-12T19:18:58-2.jpg

そんな事を言われてようやく気づいたんですが、


そうか、もぅそんな所まで来たのか…と実感

image/ippojapan-2006-06-12T19:18:58-3.jpg

出発してから今までというもの、ボクは東京に帰りたい、


と言う気持ちがしばしば顔を覗かせているんですが、


同時に、東京に戻る、と言う事実にどうも実感が湧かないんですよね


向こうで生活してた時、自分は何をしていたのか、考えていたのか


いや、ほぼニートだったんですけど 笑



もぅすぐ東京に戻る…



嬉しいんだけど寂しい、帰りたいけど帰ったら何をしよう?


頭の中はもみくちゃまぜこぜ、昔懐かしこまったさんと同じくらい困ってます


まぁ今のボクに出来ること、それはこの自転車と本州を回って、


企画を先に繋げていくこと、これしかないんですけど


こんな時、とある時代の偉人達はたった一言でその心情を語りました



クソッタレ!!!



とにもかくにも、一日一日、自分なりにやってくしかないかぁ〜


posted by at 19:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 【本州編】石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

祭りの国、石川

【東京出発から76日目、晴れ、富山県氷見市某所にて】

能登半島をようやく抜けて、富山に入ってきました


さっき天気予報を調べたら、週末辺りから北陸、甲信越も梅雨入りするみたい…

今の内に頑張らなきゃ!


それでは石川のいいところを


一つ目は妙立寺!カラクリだらけの寺内なんて生まれて初めて見ました、

行って損なし、面白いです!


二つ目は能登半島!自然の力によって生み出された景色、景観…

人が作ったものも面白かったけど、やはり能登は自然をチェキです


そして三つ目、これはボクは見ていないし情報しかきいていないんですが、お祭りです!!


この能登半島では1年365日、数え切れないほどのお祭りが各地で行われるみたいです


有名なキリコ祭りに始まり、その他多くのお祭りは、

専門家でも正確な数は弾き出せないほど!!


昔から受け継がれた伝統、それを守りまた新しい世代に繋げていく人々


祭り、自然、田んぼに点々と目に付く小さな商店…

日本を感じずにはいられない、そんな町でした


いつかこの地でお祭り巡りでもしてみたいですね!


ハットリ君がやってきた!!

【東京出発から76日目、晴れ、富山県道の駅、井波にて】

能登半島を抜けて海岸線を走っていくと、富山の氷見という所につきます


ここにはあるカラクリ時計があるらしいという情報ゲット


それは


ハットリ君のカラクリ時計!!


なぜハットリ君?かと言うと、この氷見がフジコフジオさんの出身地だからだそうです


確か9時から7時までの間、1時間置きにこの時計は動き出すらしい


ボクがついたのは10時過ぎ、ちょうど終わってからしばらくたってのこと


なのでハットリ君を出待ち


近くで課外授業にきていた小学生たちがワッキャワッキャ騒いでいます、

川辺のベンチで日の光を浴びながら子供たちの声を聞く、

まさに絵に描いたような平和色


さぁそんな事を言ってるうちに時間が来ました!


当然キッズのテンションもあがってくる、はじまるでぇ〜とみんなでカウントを始める


11時、先ほどまで眠っていたカラクリ仕掛けの小さな橋から、

勢いよくスチームのような水しぶきが吹き上げた!!

image/ippojapan-2006-06-13T19:50:38-1.jpg

わぁっ!と歓声があがり、子供たちはハットリ君の歌を大合唱!!


おを〜ドキドキする



そして



出てきました


あ…あぁ、ハットリく〜ん!!!


いよいよ大詰め、キッズのテンションも最高潮!

image/ippojapan-2006-06-13T19:50:39-2.jpg

水しぶきがかかった少年たちが何様のつもりや!!とハットリ君にマジ切れ


もはや格闘技を観戦しているオヤジ状態です


軽快な音楽に乗せてカラクリは4分間、ボクたちを楽しませてくれまた眠りにつく


子供たちはと言うと


意外とつまんね〜よ


と言ってました、またまた素直じゃないねぇ


ハットリ君に心奪われた後、しばしあてもなく走る


その後ついたのは今日の寝床である井波


ここにくるまで知らなかったけど、どうやらこの町は木彫りがすごく有名みたい


通りを歩くと、木彫りをしている職人さんたちがちらほら、


それと共にふっと木の香りが風にのって通り過ぎていきます

image/ippojapan-2006-06-13T19:50:41-4.jpg

たまたま巡り合わせる町って、なんか愛着が湧いてしまう


通りを抜けて坂を上り道の駅に到〜着、木彫りの七福神がお出迎えしてくれました

image/ippojapan-2006-06-13T19:50:40-3.jpg

いやいやなぜかわからないけど今日は疲れた…、

体調もよくないのでそろそろ寝袋にくるまることにしましょう


おやすみなさい



test.jpg


posted by at 19:50| Comment(4) | TrackBack(1) | 【本州編】富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

蜃気楼を訪ねて

【東京出発から77日目、晴れ、富山県道の駅うなづきにて】

昨日の場所から富山の中心部に戻るためにちゃかちゃか移動

商店街にさしかかった時、ふと横を見たら明らかに違和感があるもの発見!

それは

大仏様です

image/ippojapan-2006-06-14T18:40:52-1.jpg

どうやらこの大仏、奈良鎌倉に肩を並べて三大大仏と呼ばれるほどのビッグネーム

と言うより三大大仏なんて初めて知りました 笑

下の台座の中は入る事が出来て、内部は昔の人の絵が飾ってあったり、なんなりかんなり…

しかし中に入って一番ビビったのが、中心部においてある大仏の生首!!昔火事に遭った時に、なんとか首から上だけが残ったらしいんですが…とにかく怖ぇ!夢に出てきそうなほど怖かったです

その後中心部に入ったものの、なかなか目につくものもなく、ちょっと観光マップを手に取りみてみる

するとこの富山、蜃気楼がみえるらしいじゃないですか!

さっそくその場に爆走ファイヤー!!

ウキウキしながら向かって、ついにその場にたどり着きました



image/ippojapan-2006-06-14T18:40:53-2.jpg

残念ながら見えませんでした…畜生

近くに座っていたおじさんが話しかけてきて、蜃気楼が見えなかったことを嘆いていると

そんな毎日見えたら蜃気楼なんていわねぇしありがたみもないだろうに

と、ぴしゃりと切り捨て御免

それにしても日本で蜃気楼がみれる場所があるなんてねぇ…てっきりそんなもん外国の砂漠でしかみれるもんじゃないと思ってました

そんなこんなで今晩の寝床に到着したのはいいんですが…昨日から身体がすごく重い

これから大変だというのにこぅ調子が悪いとなかなかうまいこといきません

ふへ〜

test.jpg


posted by at 18:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 【本州編】富山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

内より外、富山

【東京出発から78日目、雨、新潟県道の駅能生にて】

いよいよ新潟に突入しました

それでは富山のいいところを!

一つ目は氷見!
商店街や港、なぜか見ているだけでほっとする町並みです、それにハットリ君のカラクリ時計があるし、なかなかグッとくる町でした

二つ目は井波!
ここは個人的に愛着がわいているので 笑

通りを歩くだけで、たくさんの職人さんの仕事がみれるところはなかなかないんじゃないでしょうか

三つ目は見れなかったけど蜃気楼!

日本で蜃気楼がみれるってだけですごい!町の誇れるところだと思いました

ボクが感じた富山、それは中心街よりも海や山、ようするに外側がおもしろいものが眠っている感じがしました

しかし今回の富山、身体の調子が悪かったのでなかなかしっかりみることが出来ませんでした…富山の方、みなさんにまずごめんなさい、ただ決してやっつけではないことだけは理解していただきたいです

今回のブログも、ほとんど頭が回ってない状態で書いてるので、文章が適当に見えるところもあるかもしれませんが、そこはどうかお許しください

あぁ…風邪ひいたかしら…

ついでに新潟はどうかと言うと、雨と風と親不知越えでかなりのダメージを頂戴しました

早く体調よくなりゃいいけど…つらいぜぃ


test.jpg


2006年06月16日

結んでひらいてデューン!

【東京出発から79日目、晴れ、新潟県道の駅、風の丘米山にて】

最近ボクは参ってました


よくならない体調に拍車をかけて精神的にも弱気の波が押し寄せ、

憂鬱な日々が続いていました


昨日もそんないつもの一日で終わるはずだったんですが、夕方過ぎ、

一人のおじさんが声をかけてきました


彼の名は後藤さん、定年してから車で日本各地を巡ってるみたいです


ボクのことを見るないなや、自転車で旅してるのかい!

とキラキラした目で言ってきた


その後後藤さん、少し話さないかい?と言いつつ、

車の中から酒やらご飯やらいろいろもってきてくれて…

image/ippojapan-2006-06-16T20:27:15-1.jpg

雨が降る中、男二人の夜の飲み会が始まりました


本当にたくさんのことを話した


家族、子供、人生、…こんなに人と面と向かって正直な意見を言い合うなんて、

とても久しぶりのような気がしました



最後に後藤さんは言いました



金、生活、こーゆう貧乏ならいくらしてもいい


だけど心の貧乏だけはしちゃいけないよ


おじさんはボクの事をただのクサレた若造とは見ずに、

一人の人間として話をしてくれた


久々に暖かくなった


夜の飲み会がお開きになり、朝になってまたしばし話をする


沈んでた心も多少なりともまたひょっこり元気を取り戻してきた


よし、頑張ろう


そう自分に言い聞かせて、おじさんとはおさらば

image/ippojapan-2006-06-16T20:27:15-2.jpg

後藤さん、元気を分けてくれてありがとう


さてさて元気を少し取り戻したボクでしたが、

とあるトラブルが起きてまたも気持ちは萎えてしまいました 笑


はい、突然スポークが折れました


おかげで山道を2〜3時間ほど手押しでのぼることにはなるわ、

いちおう明日チャリ屋さんがトラックで来てくれるんですが、

合うスポークがあるかどうかはわからないわでてんやわんや


合うやつがなかったら俺はしばらくどこで生活すりゃいいんだ?笑


とにもかくにも明日にならなきゃわかりません、畜生ー!!


test.jpg

posted by at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 【本州編】新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

跡継ぎ

【東京出発から80日目、晴れのち曇り、新潟県道の駅、越後出雲崎天領の里】

昨日泊まった道の駅は休憩所が24時間開いていたので、久々に畳の上でぐ〜ぐ〜安眠出来ました!

しかし起きてからはイヤな悩みが頭をぐるぐる、あぁ…もし合うパーツがなかったらどうしよう?!一人畳の上で悶々としながら様々な妄想と格闘してました

image/ippojapan-2006-06-17T18:41:13-1.jpg

そんなこんなで9時30分過ぎ、約束の時間より少し早めにチャリ屋さんのトラックが迎えにきてくれました

サイクルショップ・マエカワに到着

image/ippojapan-2006-06-17T18:41:13-2.jpg

相棒の状態をチェックしてもらう、どうやらスポーク以前にリムがガタガタになっていて、直すことは出来るけどこれからまだ走るなら交換した方が無難とのこと

幸いボクのチャリに合うリムがたまたま一つあったので、今後の事を考えて交換してもらうことにしました、全く運がいいのか悪いのか… 笑

少し時間がかかるというので町をぶらぶら、通りでやってた花市を見たり、ベンチで本を読んだり

image/ippojapan-2006-06-17T18:41:13-3.jpg

気づけばもう昼過ぎになっていたのでチャリ屋に戻ると、すっかり相棒は元気を取り戻していました

お店の人に道を聞いて、チャリ屋さんとお別れ、直してくれてありがとうございました!

それと

ここまで付き合ってくれた初代リムにもありがとうを

そんなこんなで今日の寝床である出雲崎に到着、今夜はここでゆっくりして明日からまた仕切り直しといきます

test.jpg


posted by at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 【本州編】新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

予定は未定?

【東京出発から81日目、曇りのち晴れ、新潟県道の駅、国上にて】

tomoさんが言っていた通り、昨日はすごく綺麗な夕暮れを見る事が出来ました

image/ippojapan-2006-06-18T19:44:31-1.jpg

おかげでもぅ一つの情報である願掛けの橋には行きそびれ、夜を迎えた次第でありまする


まぁもう一つ理由があって、カップルが沢山いて近づきにくかったんですが 汗

朝になればカップルどころか人も皆無、早速桟橋を渡って見に行きました

…こんだけガシャガシャに錠がついてると、ロマンを感じるよりも先に不気味さを感じてしまうねぇ 笑

image/ippojapan-2006-06-18T19:44:32-2.jpg

さてさて出雲崎を抜けて、本日向かったのは弥彦村!出逢った人にも勧められていた場所なのでいってみることに

日本一でかいっちゅう話の鳥居をかけ抜ける、それにしても日本にはいったいどんだけの日本一があるんだか… 笑

ついて早々に行ってみたのは弥彦神社、ここの道を少し行った所に弥彦山のロープウェイがあるのでお参りしてからロープウェイに乗り込みました

image/ippojapan-2006-06-18T19:44:32-4.jpg

景色は残念ながら霧がかってますが、晴れていたらなかなかの景色がみれそうでした

本当なら今日はこの弥彦村をちょろっと見て新潟市までいく予定だったんですが、どうやらボクはこの町が気に入ってしまったらしく、うろうろしてる間に気づけば夕方前

ってなことで今日は村からほど近いこの道の駅に来た訳です

弥彦村の町並みはとりわけずば抜けた特徴があるわけではないんですね

温泉街があって土産物屋があって、神社か点々とあるだけ

でもなんか好きなんです

不思議

話は変わって、本日の道の駅は足湯と温泉が併用していてるんですね〜


image/ippojapan-2006-06-18T19:44:32-3.jpg

そういえば福井を発ってから風呂に入ってない、本格的に梅雨入りする前にひとっ風呂浴びることにしますかぁい

久々の風呂はもぅ至上の幸福…極楽浄土たぁこのことですぜ!!もぅどこもかしこもグワッシグワッシ洗ってやるぜ!!

グワッシグワッシ!

グワッシグワッシ!!

グワッシグワッシ!!!

しつこいですね

世がW杯で盛り上がっている中、風呂ひとつで一人盛り上がる男というのはいかがなものなんだろうか…そんな事を考えつつ、一日が終わっていきます

明日は新潟市に向かってゴーですわぃ


test.jpg

posted by at 19:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 【本州編】新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ズージャーしてる?

【東京出発から82日目、晴れ、新潟県道の駅、胎内にて】

昨日はW杯があったからでしょうか、夜になるととんと人がいなくなったのでお陰ですやすや寝れました

さぁさぁそれで新潟市街に入ってきたのはいいものの、あまりの都会ぶりにびっくり!今まであまり見ることのなかったオッシャレ〜な若人たちが町を闊歩しています

これじゃあにっちもさっちもいきません

一人でうろうろしていると、Jazzという単語が目に飛び込んできました、どうやらジャズ喫茶のようです

image/ippojapan-2006-06-19T20:18:53-1.jpg

あぁ、別に言い訳じゃないんだ

そうさ、ぼかぁ最近疲れてたんだ、心にゃ訳も分からずぽっかり穴があいちまってたのさ

だからたまにゃ心の穴っぽこに水をやらにゃあいかんだろ?誰にだってゆったりと時を過ごしたい日があるものさ

ということを考える前に足は店内に

中は一言でいうなら昔ながらの喫茶店、赤茶けた壁に、少しくたびれたソファ、ショーケースの中には古い写真機、そしてあえてサックスではなくてトロンボーンがおいてある辺りにグッときました

ボクの中でのお決まり通り、注文はアイスコーヒー

時間を忘れて、ただひたすら流れてくる音楽とアイスコーヒーに夢中になる

ボクはジャズにそこまで詳しい訳じゃない、でもすごく好きなんです

頭が、身体が、心が、どんどん分泌される幸せ汁に溶けていく

やっぱたまにはこんな時間がないとね

マスターと少しお話した後、店を出て自転車をこぎ出す

image/ippojapan-2006-06-19T20:18:53-2.jpg

どこかで好きな時間を過ごすと、元気もわいてくるし力もみなぎってくる

今日はとりあえずこの胎内で一息、明日もう少し上のほうまでいったら、次は山形じゃ〜

test.jpg

posted by at 20:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 【本州編】新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。