2006年05月22日

しげるパラダイス

日本にはみんなが知ってる有名なしげるが三人いますね

泉谷しげる、松崎しげる、そして…水木しげる!

本日向かった境港市、ここは水木しげるパラダイス!この町は水木しげるさんが生まれた町らしく、10年ほど前から水木しげるロードなるものを作って町おこしをしています

image/ippojapan-2006-05-22T20:27:45-1.JPG

いやはやどこもかしこも鬼太郎だらけ!!道には水木しげるロードと言う名だけあって、水木さんが作った妖怪オブジェがここぞとばかりに通りに並んでいます

image/ippojapan-2006-05-22T20:27:45-2.JPG

う〜ん、かなりグッときます

妖怪神社なるものを発見したので当然参拝

image/ippojapan-2006-05-22T20:27:46-3.JPG

土産物屋をひやかしたりしてチャリを漕いでるとふと目にとまった一つのお店

水木しげる文庫という自称日本で唯一の妖怪系専門書房、こんにちわ〜

image/ippojapan-2006-05-22T20:27:46-4.JPG

中に入ると年齢不詳の店員さんが一人、旅をしてることをはなすと店員さん超ノリノリ

店を出るときにこれ飲んで元気つけて!と元気が出るかどうかはわからない飲み物をくれました 笑

image/ippojapan-2006-05-22T20:27:46-5.JPG

ありがとう、店員さん!!

ついでにこの妖怪汁、味はどうかというと

青春が終わりかけている青年の涙です、甘酸っぱい…いや甘ジョッパい、そんなおいらぁ演歌節、HEY!!って感じです

いや境港の水木しげるロード、かなり楽しませてもらいました

また来たいなぁ、ここ

今は道の駅大栄というところにいます

明日はいよいよ…鳥取砂丘!!もぅ鳥取、かなり楽しんでます 笑


test.jpg

posted by at 20:27| Comment(7) | TrackBack(1) | 【本州編】鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

ゆっくりね

【東京出発から55日目、雨、鳥取県鳥取市道の駅神話の里白うさぎにて】

さぁ鳥取砂丘に行きますぜ!と昨日意気込んでたんですが、あいにくの雨模様…

どうしようかと悩みながら道を進んでいると地図に載ってない道の駅発見!場所的にもちょうどいいので今日はここにて休息です

ここはどうやら因幡の白兎神話の場所で、海岸には兎が洪水で流されて生活していたと言う沖ノ島がひっそりと佇んでいます

image/ippojapan-2006-05-23T18:29:58-1.JPG

近くには神社があり、

image/ippojapan-2006-05-23T18:29:58-2.jpgimage/ippojapan-2006-05-23T18:29:59-4.JPG

ここの御身洗池というどんな悪天候であろうと水が増減しないと伝えられる不思議な池で、白兎はサメに剥がれた皮を大国主命に言われたとおりに身体を休め、元の白兎に戻ったといいます

image/ippojapan-2006-05-23T18:29:59-3.jpg

こ〜ゆう伝記って不思議ですよね、ホントにこんな話があったのか、それとも何かを例えてわかりやすくしたのか?色々考えを張り巡らせると胸がときめきますわぃな



あぁそれにしてもこうやってダラダラ過ごす時間…なんて素敵なのかしら!!

ボクは本来かなりの不躾者なので家や喫茶店で日がな一日音楽きいてたばこを吸ってぼーっと本を読むダラダラタイムが大好きなんです

特に何かをするわけでもなく、のんべんだらりな生活を愛する、いわゆるダメ人間の典型ですね 笑

でもそんなザ・インドアなニートマンも、気づけばこんなとこまでチャリでやってこれるんだなぁ…とつくづく実感

慣れってのはすごいです、前まではこんな生活考えただけでそら恐ろしくて、そんな事はサバイバルな生活が好きなアウトドアン人だから出来るんじゃい!と本気で思ってましたが…

みんなが思ってる以上に旅は遠い存在ではないんですよね、こんなボクが出来るんだから

…とまぁ独り言をぽつぽつ 笑

明日こそ砂丘じゃ〜、頼むぜおてんとさん!!


test.jpg



posted by at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 【本州編】鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

日本は世界

【東京出発から56日目、晴れのち雨、兵庫県道の駅ハチ北にて】

言葉にならなかった

ただ身体中が粟だって背筋がゾクゾクした

ようやくでた言葉、それは無意識の内に笑っていた自分が放った、たった一言…


すげぇ!!!!


image/ippojapan-2006-05-24T19:33:54-2.jpg

この鳥取砂丘、ハッキリ言ってこれしか言えません

広がる砂丘、どこまでも続く水平線、頭をヒネって理屈でここを語るなんざぁ野暮な事ですぜ、旦那


頭の中では妄想が加速、遙か彼方からラクダに乗った行商達が水をコブにぶら下げ、よ〜わからん日本語を操り高値でボクに売りつけようとしている姿がちらついています

…ん?

ら…ラクダがいるじゃないの!!

image/ippojapan-2006-05-24T19:33:55-5.jpg


さすが日本人、砂漠にゃラクダ、わかってるねぇ

写真を撮ろうとしたら

「ラクダだけ撮るなら100円で〜す☆」

な…何て奴らだ!!

さすが日本人、ちょいと働き過ぎだぜ!!

まぁここは彼らのナワバリ、郷に入らば郷に従えと言う事で100円払ってパチリ

image/ippojapan-2006-05-24T19:33:54-1.jpg

子供の時以来、はしゃぐと言う事があまりありませんでしたが、ここに来てからは嬉しくて楽しくてはしゃぎ放題

一人で砂丘を走ってキャッキャ言ったり、砂地に自分的ナスカの地上絵を描いてここはサハラ砂漠なんだね…と呟いて笑ったり

image/ippojapan-2006-05-24T19:33:55-4.jpg

今振り返るとなかなか気持ち悪いですね、自分

いや〜鳥取は楽しかった、ホントに楽しかった

とりあえず鳥取のいいところはまた明日書くことにします

世界に幾多もある世界遺産、見たい見たいと思っちゃいたけど

日本を旅して思った事は、日本だって世界なんだって事

image/ippojapan-2006-05-24T19:33:54-3.jpg

外の世界をみる前に、自分が生まれたこの地にある、こんな素敵なものたちを自分は気づかなかったんだなぁ…旅に出てよかったなぁとつくづく実感

いやはや、日本もなかなかスゴいですよ、冗談抜きでね!!

test.jpg




posted by at 19:33| Comment(6) | TrackBack(1) | 【本州編】鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

人の手作りと自然の産物、鳥取

それでは鳥取のいいところを書きたいと思います

一つ目は境港市水木しげるロード!道にはオブジェが立ち並び、商店街は鬼太郎づくし!商店街での謎のお決まり、流れるミュージックも当然鬼太郎!!真っ昼間っから夜は墓場で運動会と歌ってます

八月には妖怪そっくりコンテストも開催されるみたい!み…みてぇ!!

二つ目は当然鳥取砂丘!ここはもはや説明不可能、その人の五感と心のみが答えを知っています

行きなはれ、とにもかくにも行きなはれ〜!!

鳥取でいいなぁと思った場所はこの二つ、たった二つだからと言って侮るなかれ!マジで楽しいです

たくさんいいところがあるからいい町なんじゃなくて、その町にしかない特色、それがあることが素晴らしい事なんだ!と感じています

現に鳥取はホントに楽しかった、ゆったりとした空気、人が作った面白い町、そして自然が作り出した素敵な場所、今後境港は個人的にチェックしていく予定です 笑

test.jpg

posted by at 11:12| Comment(0) | TrackBack(3) | 【本州編】鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。