2006年05月25日

怪奇現象

【東京出発から57日目、晴れ、京都府道の駅、農匠の郷やくのにて】

昨日野宿した道の駅ハチ北、ここで何とも言えない体験をしました

夜になり寝ようと思ったのですが、近くではヤンキーが騒いでおりまして、なかなか寝付けず

彼らが去ったのは11時過ぎでしょうか

ようやく静かになったのでふっと目を閉じる

すると

鈴と風鈴の音のようなものが近づいてくる

しかも足音がしない…

とりあえず箱根の時以来のおかんのお守りを握りしめ、寝たふりを決め込む

音はどんどん近づいてきてボクのちょうど横でいきなり止まる

こ…怖ぇ!!マジで怖ぇ!!

はっきり言ってまだヤンキーの方がましです

その後音はゆっくりとボクの元から離れていった

と、その時いきなり車のクラクションが!!

それと同時に

音が消えたんです

あまりの驚きにあやうく汚物dada漏れになるトコロでした

おかげさまで今日はバッチリ寝不足

あぁ…何だったんだろう

これに答えてくれるのはおそらく水木しげるさんぐらいではないかと

畜生、妖怪百科事典買っときゃよかった!!

test.jpg

posted by at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 【本州編】京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

旅のお供に音楽を

【東京出発から58日目、曇りのち雨、京都府道の駅、ガレリアかめおかにて】

今日は気になるものも特になかったので京都市街手前にある道の駅にて野宿です

それにしても…なんだこの道の駅は

とにかくめちゃめちゃ広くてキレー、バラ園なんかもありました

image/ippojapan-2006-05-26T19:43:46-2.jpg

しかしバラ園のすぐ真横は国道で車がブンブン、…何か変な感じです

しかもキレー&広い快適なスペースの為、なかなか若者がたくさんいます

image/ippojapan-2006-05-26T19:43:45-1.jpg

あぁ…こりゃ寝にくそうだ 涙

まぁこんな話を引っ張った所でなにもない一日だったので、今回は旅の最中に聞く音楽の話でも

結構その場所によってききたい音楽がありまして、海沿いを走ってて晴れてるときなんかはもぅボブマーリィでキマリです

ふつうの道を走ってるときはその時の気分です、ウルフルズを聞いたりチャールスミンガスを聞いたりジミヘンを聞いたりなどなど…

田園風景や雨の日はもっぱらブルース、ロバートジョンソン、ジュニアウェルズ、バディガイなどなど

まぁこんな感じです、しかし旅をしていて聞きたくなった音楽がありまして…それは魔女の宅急便のサントラ!! 笑

新しい町が見えた時や山を越えて海がバーッと広がった時なんかはもぅ気分は魔女宅、ラジオをつけたらあらユーミン!って感じです

明日からはしばらく家の親父のお兄さんがやっている観光バスの営業所で厄介になる予定です

布団!部屋!あぁ考えただけで最高!!

明日の事を考えて今日を乗り切るぜぃ!


posted by at 19:43| Comment(1) | TrackBack(1) | 【本州編】京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

はぁ〜ドッコイショ

【東京出発から59日目、曇り時々雨、京都府八幡市某所にて】

image/ippojapan-2006-05-27T22:30:15-1.jpg

今日は親父の兄がやっている観光バスの営業所にきました

ついてからしばらく、もぅ早速我が家のようにくつろいでます 笑


それにしても部屋っていいなぁ、安心度が違います!


さぁ帰る場所もあるし夜まで探索じゃ!と思ったんですが、所長さんから一言


「ここらへんはあんま夜は出歩かない方がいいよぉ〜」


理由を聞いてみると、ちょうどこの付近はスクラップ屋や廃品業者といった所が多く、国籍年齢その他もろもろが不明な人々が随分と… 汗

いやはやボクは何でこ〜いった場所に吸い寄せられてしまうのでしょうかねぇ

そんなこんなで今日一日部屋でまったりすることにしました、ゆっくり充電したし、明日からは京都の市街を探索です!


「泥棒とかは入らないと思うから〜」


と言う所長さんの少し不安な言葉が頭をよぎりつつ、布団にくるまりおやすみなさい


test.jpg

posted by at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 【本州編】京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

観光地も良し悪し

【東京出発から60日目、晴れのち曇り、京都府八幡市某所にて】

久々の畳に安眠熟睡、お陰で朝には起きれませんでした!

image/ippojapan-2006-05-28T22:57:36-5.jpg

なので今日は電車で市街に出ることに、ガタゴト電車に揺られながら向かいましたは祇園です

初めはワクワクしながら来たんですが、しばらく歩いてある事に気づいてしまいました


ど…どこをみるにも金がかかるじゃねぇか!!


確かにこの京都、文化遺産や世界遺産、お寺に神社、料理屋と

面白そうなところはあるんですが、どこもかしこもマニーマニー


当然そんな余裕もないので、あまり祇園は堪能できず、

ぶらぶら歩く事しか出来ません

image/ippojapan-2006-05-28T22:57:34-1.jpg

不思議ですよね、今まで来た島根や鳥取、

それは人にはなにもないと言われる町だけど、いいところを見つけるのに
苦労もしなかったし楽しかった


京都も楽しそうだけど、なかなかどうして敷居が高い…

これが観光地のつらい所ですねぇ


四条大橋辺りまで歩いていくと、ふとそこに座り込んで字を書いてる若者が

みると一枚一円からでその人の目をみて言葉をかいてくれるそうな

ほぅ、それなら金もかからないし旅の思い出に調度いいかもと思いかいてもらうことに

するとびっくり、もらった言葉はこうでした

image/ippojapan-2006-05-28T22:57:35-2.jpg

「どうせ越えることになるんだ、大記の勢いで一気に走れ、全力で突っ走って一気に一気に」


今自分がしてる事と、最近考えてる事にまさにドンピシャ!

残念ながらその人の写真は撮れませんでしたが、久々にハートに火がつきました。


嗚呼ドアーズ!!


そんなこんなで金のかからぬ場所へ移動、やってきたのは寺田屋、

今でも泊まれる坂本竜馬の寺田屋事件の場です

image/ippojapan-2006-05-28T22:57:35-3.jpg

ボクは最近竜馬が行くを読みはじめたにわかファンですが、いやなかなか素敵でした

その後向かったのは黄桜記念館、何故ここに来たか?

image/ippojapan-2006-05-28T22:57:35-4.jpg

理由は一つ、黄桜の30年代から現代までのCMがみれる!


遙か昔、小さいボクがテレビをぼーっとみていた時の事でした

そぅ、出逢いというものは突然訪れるものです…

流れ出した黄桜のCM、画面に映る河童の旦那、その横にいる河童の妻をみて電撃が走った!


な…なんていい女なんだ!!!


彼女のしなやかなぼでぃ、豊満な胸、そしてなんとも言えないあのエロティックな目線…


あろうことかボクは河童に恋をしてしまった


今となっては黄桜のCMで河童は出なくなってしまった…


しかしボクは旅に出た事で彼女と再会したのだ!


何年ぶりかにみた彼女は、あの時のままだった…

もし黄桜のポスターがあるのならば本気で欲しいと思ってしまいました


そんなのすたるじぃな青春白書はいったん閉じることにして、普通にここは面白かったです

なにせ日本や世界の河童の説明や生態がかかれているので 笑


日本の河童にまつわる町や祭りが知りたければ、黄桜記念館に行きましょう


さぁてそろそろ寝ることにします〜、明日はどこにいこうかしらん



test.jpg

posted by at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 【本州編】京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

鈴虫が鳴る場所で

【東京出発から61日目、晴れのち曇り、京都府八幡市某所にて】

昨日の結果から市街では金がかかるという事がわかったので、今日はとりあえず嵐山の方へキコキコ

町を抜けて山に近づいてくると

なかなか素敵な景色です!

image/ippojapan-2006-05-29T23:59:11-1.jpg

ついたのは嵐山公園、近くでは桂川が流れ、そこで遊覧船や小さな船で遊ぶ人たち、川沿いは砂利道が続き食べ物屋がちらほら

食えば金がかかるけど、川を見ながら散歩するのは気持ちいいし金はかからない!

いいねぇ〜

image/ippojapan-2006-05-29T23:59:11-2.jpg

しばし河原でぼーっとした後、近くに鈴虫寺という気になるお寺が

ちょいと行ってみましょか〜

image/ippojapan-2006-05-29T23:59:12-3.jpg

ちょっとした階段を登ると結構な人数がちらほら、おっここは有名なとこなのかしら?

何々…鈴虫が一年中鳴く寺だって?!拝観料も300円と優しい値段、いくしかねぇ!!

中に入るとお座敷に性別年齢関係なしにたくさんの人が座布団に座りつつお茶菓子をパクパクして住職の話をきいている

しかも住職が話している目の前では鈴虫がいっぱい鳴いてます!!住職はお寺の話からお守りやら厄払いなどの説明をユーモアを織り交ぜつつノリノリで話してました

ノリノリなのはいいんですが、住職さん、お茶菓子に鈴虫の死骸を混ぜているって嘘はやりすぎです 笑

外は緑が生い茂り、鈴虫の鳴き声を聞きながら座敷でお茶をすする、贅沢じゃ〜

説明の中にも出てきたんですが、このお寺の入り口付近にあるお地蔵さん、実は日本でもかなりめずらしいわらじをはいたお地蔵さんなんですって

image/ippojapan-2006-05-29T23:59:13-4.jpg

なんでもお守りを手に持ち、自分の名前と住所と叶えたい願い事を一つお願いすると、お地蔵さんが家まで来て願いを叶えてくれるそうな!

当然ボクもちょっとしたお願い事をしました、あぁお地蔵さん、家にくるのはボクが旅から帰ってからにしてね 笑

結局ここでもお金は発生したんですが、充実度が違います

明日には京都をでて滋賀に入る予定です!

お願い、かなうといいなぁ…

test.jpg
posted by at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 【本州編】京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。